<感性による教育>の潮流 : 教育パラダイムの転換

宮脇理 ほか著

イリッチ、ニイル、霜田静志、チゼック、ココシュカ、ローウェンフェルド、リード、シュタイナー学校、サマーヒル・スクール、スロイド、ロシアシステム等々の歴史的教育論・実践の検証。エンデ、レスター、野田正彰ら教育界の外からも示唆を受け独自の教育論を展開。学校現場での交流から平成っ子の感性を捉え、現実的方策を提示。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「学校」はフィクションである
  • 第2章 感性による教育をめぐる考察
  • 第3章 児童期の確立と芸術教育
  • 第4章 平成っ子の感性
  • 第5章 二極化する学校と教師の感性
  • 第6章 責任の持てる教育媒体を求める
  • 第7章 未来からの眺望
  • 第8章 方法上の試み

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 <感性による教育>の潮流 : 教育パラダイムの転換
著作者等 宮脇 理
山口 喜雄
山木 朝彦
書名ヨミ カンセイ ニ ヨル キョウイク ノ チョウリュウ
書名別名 Kansei ni yoru kyoiku no choryu
出版元 国土社
刊行年月 1993.2
ページ数 213p
大きさ 22cm
ISBN 4337482091
NCID BN08774380
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93022989
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想