戦争と美術 : 1937-1945

針生一郎, 椹木野衣, 蔵屋美香, 河田明久, 平瀬礼太, 大谷省吾 編

美術は戦争をどう描いたか。アジア太平洋戦争下で制作された、戦争美術の代表作251点を集大成。歴史の暗闇から甦る幻の傑作。気鋭の批評家・研究者による論考・作品解説、当時の座談会や記事の再録、現所在不明絵画・彫刻の図版も網羅するなど、戦争美術の全貌に近づくためのさまざまな手がかりを収載。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 作品図版1-戦闘図・戦地での生活など、軍と兵士を取り巻く環境や、銃後の生活
  • 2 作品図版2-大陸・南方、歴史画、仏画、象徴、彫刻、現所在不明作品
  • 3 論考(戦後の戦争美術-論儀と作品の運命
  • 「戦争画」をめぐる広大な密室-外へ
  • 「作戦記録画」小史1937〜1945
  • 戦争画の行方1945〜現在
  • 戦争下のヨーロッパ美術研究
  • 裏面から見た戦争記録画
  • 戦争と日本の彫刻1937〜1945
  • イギリスの戦争画とケネス・クラーク)
  • 4 作品解説
  • 5 資料

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦争と美術 : 1937-1945
著作者等 大谷 省吾
平瀬 礼太
椹木 野衣
河田 明久
蔵屋 美香
針生 一郎
書名ヨミ センソウ ト ビジュツ
書名別名 Art in wartime Japan
出版元 国書刊行会
刊行年月 2007.12
ページ数 287p
大きさ 31cm
ISBN 978-4-336-04954-4
NCID BA84231575
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21373012
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想