都市論を学ぶための12冊

若林幹夫 著

バビロンやローマ、長安やパリやロンドンやニューヨーク、そして東京。古代から現代にいたる大都市を中心に、異なるさまざまな都市の社会と文化がネットワークをつくり、それが全世界を覆っていった、人間社会の歴史。都市とはなにか?都市は、社会の現在とどのようにかかわるのか?

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 都市を論じるとはどういうことか
  • 都市をめぐる大きな物語
  • スペクタクルと存在論
  • 日本の都市とは何だったのか
  • 市民の共同体としての都市
  • 現代都市の発見
  • 都市という危険な領域
  • 過去と未来の間で-近代都市計画の誕生
  • 舞台としての都市、上演としての盛り場
  • 都市と都市論のポストモダン
  • 20世紀のアーバニズム
  • 書を持って街へ出よう

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 都市論を学ぶための12冊
著作者等 若林 幹夫
書名ヨミ トシロン オ マナブ タメ ノ ジュウニサツ
出版元 弘文堂
刊行年月 2014.3
ページ数 294p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-335-55161-1
NCID BB15026701
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22372240
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想