光の庭

吉川トリコ 著

地方に暮らす仲良し五人組は高校卒業と同時にそれぞれの道を歩んだ。大学受験に失敗し、ぶらぶらしながら孤独を感じていた三千花。大学卒業後にライターとなるが挫折して地元に帰ってきた志津。短大を出て母の言いなりで市役所に勤務した麻里奈。奔放な美人で社長と結婚した後も不倫の日々をブログに綴る理恵。20歳でできちゃった結婚をし、三人の子供を育てながらネット中毒となった法子。成人式の数日後、三千花が少年グループに拉致され、バラバラ死体で発見される。16年後、志津は「三千花に何が起こったのか」をテーマにルポを書こうと、口を閉ざしていた友人たちに取材する。そこには女たちの深い闇と絶望が渦巻いていた…。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 光の庭
著作者等 吉川 トリコ
書名ヨミ ヒカリ ノ ニワ
書名別名 Hikari no niwa
出版元 光文社
刊行年月 2016.2
ページ数 296p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-334-91077-8
NCID BB22240905
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22694196
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想