女たちの歌 : 時代を映す「地上の星」の肖像

新井恵美子 著

女たちは歌った。女性の暮らし、生き方、恋愛観は、流行歌に反映する。戦前の控えめで忍耐強い大和撫子から、戦後の自立して力強く生きる女性まで。男に翻弄され泣かされ続けた時代から、主体的に自己を表現する女性の出現まで…。気鋭のノンフィクション作家が描く、もうひとつの「女の昭和史」。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 戦前の歌姫たち(佐藤千夜子『東京行進曲』
  • 羽衣歌子『女給の唄』 ほか)
  • 第2章 戦争は終わった(並木路子『リンゴの唄』
  • 二葉あき子『夜のプラットホーム』 ほか)
  • 第3章 もはや戦後ではない(島倉千代子『東京だョおっ母さん』
  • 大津美子『ここに幸あり』 ほか)
  • 第4章 高度成長という時代(水前寺清子『涙を抱いた渡り鳥』
  • 都はるみ『アンコ椿は恋の花』 ほか)
  • 第5章 光と影の昭和(山口百恵『青い果実』
  • 森昌子『せんせい』 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 女たちの歌 : 時代を映す「地上の星」の肖像
著作者等 新井 恵美子
書名ヨミ オンナタチ ノ ウタ : ジダイ オ ウツス チジョウ ノ ホシ ノ ショウゾウ
書名別名 Onnatachi no uta
シリーズ名 知恵の森文庫
出版元 光文社
刊行年月 2004.9
ページ数 330p
大きさ 16cm
ISBN 4334783147
NCID BA70103715
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20675011
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想