死ぬ気まんまん

佐野洋子 著

ガンが転移し余命二年を宣告されながらも、煙草を吸い、ジャガーを贈入し、ジュリーにときめく。そんな日常生活や、一風変わった友人たち、幼い頃の思い出などが、著者ならではの視点で語られる(表題エッセー「死ぬ気まんまん」)。併せて主治医との対談や、関川夏央氏による「『旅先』の人」などを収録。著者の思いがいっぱいに詰まった魅力的なエッセー集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • エッセー-死ぬ気まんまん
  • 対談-佐野洋子×平井達夫(築地神経科クリニック理事長)
  • エッセー-知らなかった

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 死ぬ気まんまん
著作者等 佐野 洋子
書名ヨミ シヌキ マンマン
シリーズ名 光文社文庫 さ8-3
出版元 光文社
刊行年月 2013.10
ページ数 241p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-334-76646-7
全国書誌番号
22313275
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想