クレーヴの奥方

ラファイエット夫人 著 ; 永田千奈 訳

フランス宮廷に完璧な美を備えた女性が現れた。彼女は恋を知らぬままクレーヴ公の求婚に応じ人妻となるが、舞踏会で出会った輝くばかりの貴公子に心ときめく。夫への敬愛、初めて知った恋心。葛藤の日々に耐えられなくなった夫人は、あろうことかその恋心を夫に告白してしまう…。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 クレーヴの奥方
著作者等 La Fayette, Madame de (Marie-Madeleine Pioche de La Vergne)
永田 千奈
Madame de Lafayette
ラファイエット夫人
書名ヨミ クレーヴ ノ オクガタ
書名別名 LA PRINCESSE DE CLÉVES

Kurevu no okugata
シリーズ名 光文社古典新訳文庫 KAラ2-1
出版元 光文社
刊行年月 2016.4
ページ数 339p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-334-75329-0
NCID BB21003868
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22789552
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想