オリヴィエ・ベカイユの死/呪われた家

ゾラ 著 ; 國分俊宏 訳

完全に意識はあるが肉体が動かず、周囲に死んだと思われた男の視点から綴られる「オリヴィエ・ベカイユの死」。新進気鋭の画家とその不器量な妻との奇妙な共犯関係を描いた「スルディス夫人」など、稀代のストーリーテラーとしてのゾラの才能が凝縮された5篇を収録。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 オリヴィエ・ベカイユの死/呪われた家
著作者等 Zola, Emile Edouard Charles Antoine
Zola, Émile
國分 俊宏
Zola 'Emile Fran〓ois
ゾラ エミール
書名ヨミ オリヴィエ ベカイユ ノ シ ノロワレタ イエ : ゾラ ケッサク タンペンシュウ
書名別名 La mort d'Olivier Bécaille

Nantas

ゾラ傑作短篇集

Orivie bekaiyu no shi norowareta ie
シリーズ名 光文社古典新訳文庫 KAソ2-1
出版元 光文社
刊行年月 2015.6
ページ数 371p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-334-75312-2
NCID BB18849980
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22580264
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想