罪と罰  3

ドストエフスキー 著 ; 亀山郁夫 訳

殺人を犯した者の詳細な運命がつづられる最終巻。ラスコーリニコフをはじめ、母、妹、友人、そして娼婦ソーニャなど、あらゆる「主人公たち」が渦巻きながら生き生きと歩き、涙し、愛を語る。ペテルブルグの暑い夏の狂気は、ここに終わりを告げる…。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 罪と罰
著作者等 Dostoyevsky, Fyodor
Dostoyevsky, Fyodor M.
亀山 郁夫
ドストエフスキー フョードル・ミハイロヴィチ
書名ヨミ ツミ ト バツ
書名別名 Преступление и наказание
シリーズ名 光文社古典新訳文庫 K-Aト-1-9
巻冊次 3
出版元 光文社
刊行年月 2009.7
ページ数 536p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-334-75184-5
NCID BA87362059
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21628560
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ロシア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想