魚舟・獣舟

上田早夕里 著

現代社会崩壊後、陸地の大半が水没した未来世界。そこに存在する魚舟、獣舟と呼ばれる異形の生物と人類との関わりを衝撃的に描き、各界で絶賛を浴びた表題作。寄生茸に体を食い尽くされる奇病が、日本全土を覆おうとしていた。しかも寄生された生物は、ただ死ぬだけではないのだ。戦慄の展開に息を呑む「くさびらの道」。書下ろし中編を含む全六編を収録する。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 魚舟・獣舟
著作者等 上田 早夕里
書名ヨミ ウオブネ ケモノブネ
書名別名 Uobune kemonobune
シリーズ名 光文社文庫 う18-2
出版元 光文社
刊行年月 2009.1
ページ数 331p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-334-74530-1
NCID BB07182304
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21532168
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想