影を踏まれた女 : 怪談コレクション

岡本綺堂 著

秋の月が鮮やかに冴え渡る宵、子供たちは往来で歌いはやしながら影を踏んで遊ぶ。糸屋の娘・おせきは、影を踏まれて以来、自分の影を映し出すものすべてを恐れるようになった。外出を怖がる娘を心配した父母は、偉い行者の話を聞きつけ、祈祷を願うが…(表題作)。英米の怪奇小説に造詣が深い綺堂の怪談ものは、時代を超えて、怖い。15編収録。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 影を踏まれた女 : 怪談コレクション
著作者等 岡本 綺堂
書名ヨミ カゲ オ フマレタ オンナ : カイダン コレクション
シリーズ名 光文社文庫
出版元 光文社
刊行年月 2006.5
版表示 新装版.
ページ数 327p
大きさ 16cm
ISBN 4334740685
NCID BA89652118
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21022091
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
解題 縄田一男
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想