出囃子が死を招く

海渡英祐 著

奥田信治は若い新聞記者。時は明治20年代。文明開化が進み、日本が変貌を遂げつつあった。そんな折り、連続殺人事件が発生。ところが恐怖落語で人気上昇中の今々亭新三の囃が現実の殺しに酷似しているとか。奥田は探りを入れていく。すると、新三は殺人予告まで始めた。彼にネタを提供する者は? 謎解きと抒情性を誇る著者が15年ぶりで書き下ろした渾身の会心作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 出囃子が死を招く
著作者等 海渡 英祐
書名ヨミ デバヤシ ガ シ オ マネク
書名別名 Debayashi ga shi o maneku
シリーズ名 光文社文庫
出版元 光文社
刊行年月 1992.8
ページ数 309p
大きさ 16cm
ISBN 4334715648
全国書誌番号
92061834
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想