山岳鉄道殺人連鎖

梓林太郎 著

長野県警安曇野署に、一通の捜索願が出された。東京から出張した男が、そのまま行方をくらませたのだ。なぜ、どこへ消えたのか?男の元同僚も一昨年、上高地へ行くと言い残して失踪し、翌年、白骨遺体となって北海道の黒岳で発見されている。二人はともに国交省の天下り先企業で、上高地に鉄道を通すという大プロジェクト「上高地新輸送システム」に携わっていた。二つの失踪事件に関連はあるのか?刑事・道原伝吉、山岳救助隊員・紫門一鬼、旅行作家・茶屋次郎-史上初、オールスターそろい踏みで事件の真相に迫る。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 山岳鉄道殺人連鎖
著作者等 梓 林太郎
書名ヨミ サンガク テツドウ サツジン レンサ
シリーズ名 Kappa novels
出版元 光文社
刊行年月 2010.1
ページ数 257p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-334-07693-1
NCID BB01305106
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21704918
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想