うつ・パニックは「鉄」不足が原因だった

藤川徳美 著

あなたの不調は、「鉄・タンパク不足」の症状かもしれない-。日本女性の大半は、貯蔵鉄(フェリチン)が空っぽの状態で、諸外国て比べても日本人の鉄不足は深刻だ。しかし普通の検査では見逃されてしまい、また日本では鉄不足への認識が甘いため、多くの人が自分の鉄欠乏に気付いていない。著者は近年、うつ病やパニック障害の患者に「高タンパク・低糖質食+鉄剤」療法を取り入れたところ、精神科薬を脱し鉄剤投与のみとなり治療を終了(完治)する患者を続出させている。地球上で最も多く存在する元素、鉄(Fe)。最初の生物、シアノバクテリアをはじめ植物も動物も、鉄なしではエネルギー代謝を維持できず、神経伝達物質やホルモンの合成も滞る。多数の症例を交えながら、鉄・タンパク摂取の重要性を伝える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本女性の8割は鉄が空っぽだった-うつ・パニック障害は「鉄・タンパク不足」が原因
  • 第2章 「鉄・タンパク不足」を伴う不安・うつ・パニック障害治療の実際
  • 第3章 鉄-地球・生命にとって特別な元素
  • 第4章 エネルギー代謝と鉄-あらゆる病に鉄不足が関わる理由
  • 第5章 医師はなぜ栄養について知らないのか-治療の旧パラダイムから新パラダイムへ
  • 第6章 "実践編"鉄吸収を良くする「低糖質+高タンパク食」とサプリメント

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 うつ・パニックは「鉄」不足が原因だった
著作者等 藤川 徳美
書名ヨミ ウツ パニック ワ テツブソク ガ ゲンイン ダッタ
書名別名 Utsu panikku wa tetsubusoku ga gen'in datta
シリーズ名 光文社新書 893
出版元 光文社
刊行年月 2017.7
ページ数 222p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-334-03998-1
NCID BB24082270
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22935807
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想