入門組織開発

中村和彦 著

近年、ビジネスの世界を始めとして、「組織開発」が脚光を浴びている。組織開発とは、戦略や制度といった組織のハードな側面だけでなく、人や関係性といったソフトな側面に働きかけ、変革するアプローチを指す。本書では、いま、組織開発が必要とされる理由、特徴と歴史、理論と手法などを具体的な事例を交えて紹介。なぜ、組織の人間的側面のマネジメントは重要な経営課題となるのか、第一人者による格好の入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 今、なぜ組織開発なのか(組織の人間的側面へのマネジメント
  • 日本の組織の現代的課題)
  • 第2章 組織開発とは何か-その特徴と手法(組織開発の考え方
  • 組織開発の価値観
  • アメリカにおける組織開発の歴史
  • 日本における組織開発の歴史
  • 組織開発の手法)
  • 第3章 組織開発の進め方(リーダー養成型組織開発による取り組み
  • パートナー型組織開発による取り組み)
  • 第4章 日本の組織が活性化する鍵

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 入門組織開発
著作者等 中村 和彦
書名ヨミ ニュウモン ソシキ カイハツ : イキイキ ト ハタラケル ショクバ オ ツクル
書名別名 活き活きと働ける職場をつくる

Nyumon soshiki kaihatsu
シリーズ名 光文社新書 755
出版元 光文社
刊行年月 2015.5
ページ数 204p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-334-03858-8
NCID BB18670252
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22589663
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想