回避性愛着障害 : 絆が稀薄な人たち

岡田尊司 著

回避性とは、親密な関係を避ける、責任や面倒を避ける、チャレンジを避ける、傷つくことを避ける、感じることを避ける-今こんなタイプが急増している。これは少子化・晩婚化の真の原因か?

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 新たな「種」の誕生!?
  • 第2章 回避型愛着と養育要因
  • 第3章 社会の脱愛着化と回避型-近代化、過密化、情報化がもたらしたもの
  • 第4章 回避型の愛情と性生活
  • 第5章 回避型の職業生活と人生
  • 第6章 回避の克服
  • 第7章 愛着を修復する

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 回避性愛着障害 : 絆が稀薄な人たち
著作者等 岡田 尊司
書名ヨミ カイヒセイ アイチャク ショウガイ : キズナ ガ キハク ナ ヒトタチ
シリーズ名 光文社新書 672
出版元 光文社
刊行年月 2013.12
ページ数 298p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-334-03775-8
NCID BB14290023
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22342136
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想