円高の正体

安達誠司 著

日本経済を蝕む円高が止まらないのはなぜか?為替介入はなぜ効かないのか?為替を動かしているのは何か?日銀総裁は何を考えているのか?河上肇賞受賞のエコノミストが真相をやさしく解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 為替とは何か?
  • 第2章 円高・円安とは何か?
  • 第3章 「良い円高」論のウソ
  • 第4章 為替レートはどのように動くのか?
  • 第5章 為替レートは何が動かすのか?
  • 第6章 円高の正体、そしてデフレの"真の"正体

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 円高の正体
著作者等 安達 誠司
書名ヨミ エンダカ ノ ショウタイ
書名別名 Endaka no shotai
シリーズ名 光文社新書 559
出版元 光文社
刊行年月 2012.1
ページ数 200p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-334-03662-1
NCID BB07908997
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22039451
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想