わかったつもり : 読解力がつかない本当の原因

西林克彦 著

「わからない」ことよりも、「わかったつもり」でいることの方がはるかに問題だ!理解力・読解力を磨くための一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「読み」が深まらないのはなぜか?(短い物語を読む
  • 「わからない」と「わかる」と「よりわかる」 ほか)
  • 第2章 「読み」における文脈のはたらき(文脈がわからないと「わからない」
  • 文脈による意味の引き出し ほか)
  • 第3章 これが「わかったつもり」だ(「全体の雰囲気」という魔物
  • 「わかったつもり」の手強さ)
  • 第4章 さまざまな「わかったつもり」(「わかったつもり」を作り出す"犯人"たち
  • 文脈の魔力 ほか)
  • 第5章 「わかったつもり」の壊し方(「わかったつもり」からの脱出
  • 解釈の自由と制約 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 わかったつもり : 読解力がつかない本当の原因
著作者等 西林 克彦
書名ヨミ ワカッタ ツモリ : ドッカイリョク ガ ツカナイ ホントウ ノ ゲンイン
シリーズ名 光文社新書
出版元 光文社
刊行年月 2005.9
ページ数 213p
大きさ 18cm
ISBN 4334033229
NCID BA73415838
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20869812
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想