草侍のほほん巧妙控

高橋和島 著

伊勢の郷士の家に生まれた長坂小平太は、江戸へ出て広い世の中を見たいという思いがあり、商いの真似事をして金を貯めていた。父や兄はやんちゃな小平太を厄介者扱いしていたが、祖母や母、義姉の支えもあり、念願の江戸へ向かうことになった。旅の途中、小平太は、様々な人間と出会う。かつて商売を学んだ香具師たち、貧亡公家の娘、なかでも関東郡代の役人の命を助けたことが幸いした。そして、見知らぬ江戸で小平太は、関東郡代出役の見習いとして働き始めたが…。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 草侍のほほん巧妙控
著作者等 高橋 和島
書名ヨミ クサザムライ ノホホン コウミョウヒカエ
書名別名 Kusazamurai nohohon komyohikae
シリーズ名 特選時代小説 1396
広済堂文庫 1396
出版元 廣済堂あかつき
刊行年月 2010.6
ページ数 286p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-331-61399-3
全国書誌番号
21766956
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想