もぐら同心晴嵐旅

高橋和島 著

中山道でも突出したにぎわいを呈する上州は高崎の宿。前の尾張藩主・徳川宗春ともぐら同心の一行は、道場破りでもして路銀を稼ごうとさびれた町道場の前で足をとめた。その西澤道場は二年前までは多くの門弟を抱えていたが、主の関右衛門が病を患ってからは、門弟の数もすっかり減り、いまは一人娘の瑞穂の努力で、なんとか持ちこたえている有様。さらに、別の町道場から連日のいやがらせを受けていた。義憤にかられた宗春一行は、城下の大店の女主人の助けを得て道場の再建に乗り出すことに-。書下ろし長篇時代小説。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 もぐら同心晴嵐旅
著作者等 高橋 和島
書名ヨミ モグラ ドウシン セイランタビ
シリーズ名 特選時代小説 1354
廣済堂文庫 1354
出版元 廣済堂あかつき出版事業部
刊行年月 2009.4
ページ数 273p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-331-61357-3
全国書誌番号
21569821
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想