もぐら同心姫道中

高橋和島 著

十一代将軍家斉の時代-。御三家筆頭・尾張藩の土居下組同心に、江戸藩邸へ向かう二人の姫の護衛をせよという命が下った。土居下組は、落城の際に藩主が逃げる抜け穴を管理する秘密の組織だが、泰平の世ではすでに閑職となり、もぐら同心と嘲笑する者さえあった。だが、大役を担う三人の男は、柳生新陰流の達人・里見与市をはじめいずれも手練れ揃いだった。二人の姫君は、跡継ぎの出来ない藩主の側室候補だが、権勢をふるう幕府老中・水野忠成には、また別の思惑があった…。老中の刺客が待ち伏せる中山道を姫と同心達は無事に越えられるのか。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 もぐら同心姫道中
著作者等 高橋 和島
書名ヨミ モグラ ドウシン ヒメドウチュウ
シリーズ名 特選時代小説
廣済堂文庫
出版元 廣済堂
刊行年月 2005.8
ページ数 333p
大きさ 16cm
ISBN 4331611795
全国書誌番号
20837975
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想