首都東京地下鉄の秘密を探る

渡部史絵 著

都内の移動に欠かせない足となっている地下鉄。この地下鉄が東京に初めて開通したのが昭和2年(1927)のことだった。浅草〜上野間のわずか2・2キロから始まった地下鉄は、どのようにして現在のようなネットワークを築くに至ったのか。なぜ、東京メトロと都営地下鉄の2事業者が運営しているのか。いまではあたりまえに行なわれている私鉄との相互直通運転実現の背景や、車両の変遷、深度化する駅、未来への展望を雑学も交えつつ解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 首都を走る地下鉄の歴史(東京メトロと都営地下鉄の始まり
  • 地下鉄の建設)
  • 第2章 東京メトロ(営団地下鉄)("日本初"が多い銀座線
  • 謎めいた地下の線路 ほか)
  • 第3章 都営地下鉄(都営初の路線・浅草線
  • 三田線の話 ほか)
  • 第4章 未成線と地下鉄のこれから(果たせなかった地下鉄の路線 東京メトロ
  • 果たせなかった地下鉄の路線 都営地下鉄 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 首都東京地下鉄の秘密を探る
著作者等 史絵
渡部 史絵
書名ヨミ シュト トウキョウ チカテツ ノ ヒミツ オ サグル : レキシ シャリョウ エキ カラ ミタ チカ ロセンモウ
書名別名 歴史・車両・駅から見た地下路線網
シリーズ名 交通新聞社新書 084
出版元 交通新聞社
刊行年月 2015.12
ページ数 238p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-330-62615-4
NCID BB20361636
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22681376
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想