大島渚著作集  第1巻 (わが怒り、わが悲しみ)

大島渚 著 ; 四方田犬彦, 平沢剛 編

京都に育ち、演劇と学生運動に情熱を燃やした大島渚。その波乱の青春を語る自伝的文章に加えて、初期の脚本『深海魚群』を収録。日本を代表する映画作家の原点がここにある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 京という鋳型
  • 悲しみの街を歩く
  • Kyoto,My Mother's Place
  • 京都大学時代の回想
  • 政治的転向について
  • 『我が青春に悔なし』滝川事件に憧れて私は京大に入ったのだが
  • わが青春残酷物語
  • 日本映画の曲り角 なぜ私は撮影所の試験をうけたか
  • 戦後日本映画の状況と主体
  • 脚本『深海魚群』

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大島渚著作集
著作者等 Domenig, Roland
四方田 犬彦
大島 渚
平沢 剛
書名ヨミ オオシマ ナギサ チョサクシュウ
書名別名 わが怒り、わが悲しみ

Ooshima nagisa chosakushu
巻冊次 第1巻 (わが怒り、わが悲しみ)
出版元 現代思潮新社
刊行年月 2008.10
ページ数 323p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-329-00459-8
NCID BA87520670
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21499470
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想