クィア・サイエンス : 同性愛をめぐる科学言説の変遷

S.ルベイ 著 ; 伏見憲明 監修 ; 玉野真路, 岡田太郎 訳

ヒトの性的指向を決定するものは何か。選択か?生まれつきか?遺伝子、ホルモン、ストレス、脳、認知心理学、行動学的心理学、精神分析-性的指向を扱う科学理論を網羅的に取りあげ、その限界と意義を検証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ヒルシュフェルトと第三の性
  • 同性愛の性質と出現率
  • 言葉による治療
  • 同性愛の学習・脱学習
  • ホルモン
  • 精神的特性
  • ストレス
  • 遺伝子
  • 自然に反しているか?
  • 病気か、それとも健康か
  • 科学と法律
  • 科学の虚構-科学の未来
  • 結論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 クィア・サイエンス : 同性愛をめぐる科学言説の変遷
著作者等 LeVay, Simon
伏見 憲明
岡田 太郎
玉野 真路
ルベイ サイモン
書名ヨミ クィア サイエンス : ドウセイアイ オ メグル カガク ゲンセツ ノ ヘンセン
書名別名 Queer science

Kuia saiensu
出版元 勁草書房
刊行年月 2002.3
ページ数 348, 14p
大きさ 22cm
ISBN 4326601507
NCID BA5618474X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20265967
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想