学歴格差の経済学

橘木俊詔, 松浦司 著

所得格差の拡大が教育格差を生む!公立学校の疲弊と一部の私立学校の隆盛、文系と理系の差、中央と地方の差などをデータから多角的に分析。今後の教育改革へ有用な知見を提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 階層・学歴・収入-3期間パネルデータによる検証
  • 第2章 早稲田大学と慶應大学の名門度の上昇
  • 第3章 医学部を除く理系出身者の出世・経済生活は不利
  • 第4章 学部選択の要因分析
  • 第5章 誰が子どもを私立に通わせるのか
  • 第6章 人口の地域間移動と義務教育費国庫負担制度
  • 第7章 学歴にどのような意味があるのか-本人の意識に注目して
  • 第8章 教育は何のためにあるのか
  • 終章 教育改革に向けて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 学歴格差の経済学
著作者等 松浦 司
橘木 俊詔
書名ヨミ ガクレキ カクサ ノ ケイザイガク
書名別名 Gakureki kakusa no keizaigaku
出版元 勁草書房
刊行年月 2009.2
ページ数 183p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-326-50316-2
NCID BA8910605X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21558890
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想