スモンと損害賠償

スモン損害賠償研究会 編

[目次]

  • 第1部 和解後のスモン患者の実態と要求-東京・千葉・徳島地区の事例調査から(調査の目的と方法
  • 地区別単純集計結果
  • 分析と考察
  • 要約と課題)
  • 第2部 課題研究(スモン問題の歴史的意義
  • 損害補償の制度と理念
  • サリドマイドと社会保障
  • 「ひかり協会」と恒久対策
  • 企業責任の明確化と損害賠償
  • 国の危険管理責任
  • 社会的責任と企業の姿勢
  • スモン被害の構造と日本の医療・福祉ほか)第3部 スモン損害賠償の実証的検討-座談会「スモン損害賠償の果した役割と今後の課題」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 スモンと損害賠償
著作者等 スモン損害賠償研究会
書名ヨミ スモン ト ソンガイ バイショウ
書名別名 Sumon to songai baisho
出版元 勁草書房
刊行年月 1986.11
ページ数 452p
大きさ 22cm
ISBN 4326401109
NCID BN00747056
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87008559
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想