言語行為 : 言語哲学への試論

J.R.サール 著 ; 坂本百大, 土屋俊 訳

オースティンが提起し、サールによって完成された言語行為論。いま、豊かな可能性を孕んで広がりつつある理論の原点。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 方法と展望
  • 第2章 表現・意味・言語行為
  • 第3章 発語内行為の構造
  • 第4章 言語行為としての指示
  • 第5章 述定
  • 第6章 現代哲学における三つの誤謬
  • 第7章 指示をめぐる諸問題
  • 第8章 「事実」から「当為」を導く議論について

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 言語行為 : 言語哲学への試論
著作者等 Searle, John R
土屋 俊
坂本 百大
サール J.R.
書名ヨミ ゲンゴ コウイ
書名別名 Speech acts
シリーズ名 双書プロブレーマタ 5
出版元 勁草書房
刊行年月 1986.4
版表示 第6刷
ページ数 356, 11p
大きさ 20cm
ISBN 4326198753
NCID BN00183008
BN10515716
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86036483
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想