中野重治との日々

石堂清倫 著

中野の文筆活動の底にあるのは、同時代人としての著者たちに共有するところがあるのではないか。そして、70年代いらいの大きな変化のなかでその部分が消えてゆくのではないか。そうした人間としての思いを残しておくために長い年月にわたった往復の手紙を整理し、註をつけたのが、この本である。1921年の出会いいらい思想上の同志として、60年におよび交わりをもつ著者と中野重治との往復書簡。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 中野重治から石堂清倫へ
  • 石堂清倫から中野重治へ
  • 晩年の中野重治-解題にかえて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中野重治との日々
著作者等 中野 重治
石堂 清倫
書名ヨミ ナカノ シゲハル トノ ヒビ
出版元 勁草書房
刊行年月 1989.6
ページ数 189, 7p
大きさ 20cm
ISBN 4326152206
NCID BN03718881
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89046636
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想