鋼構造

三木千壽 著

本書は筆者が東京工業大学の3年生を対象とした「鋼構造の設計」の講義ノートをベースとしてまとめられたもので、大学の学部学生のための教科書としてだけでなく、鋼構造物の設計や施工に従事している実務家の便覧的な役割ももたせるため、できるだけ道路橋示方書などの基準類との関連について触れるように、また、関連する資料類も含ませるようにした。疲労設計について詳しく記述した。鋼構造物をていねいにメンテナンスしながら使い続ければ、最終的には疲労によりその寿命を終わることになる。道路橋の設計にも疲労設計が取り入れられることになっており、本書の関連する個所に疲労に関する考え方を記述した。製作やメンテナンスについても、できるだけ記述することとした。鋼構造物の疲労や破壊現象を説明するのに有効な手段となっている破壊力学についても記述した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 鋼構造の歴史
  • 鉄と鋼
  • 鋼材の力学的性質
  • 鋼材の規格と鋼種の選定
  • 引張部材
  • ロープとケーブル
  • 柱部材
  • 局部座屈
  • 曲げ部材
  • 加工
  • 溶接継手
  • 溶接継手の強度と設計
  • 高力ボルト継手
  • 防せい・防食
  • 破壊力学の応用

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鋼構造
著作者等 三木 千寿
書名ヨミ コウ コウゾウ
書名別名 Ko kozo
シリーズ名 テキストシリーズ土木工学 / 足立紀尚 ほか編 10
出版元 共立
刊行年月 2000.7
ページ数 348p
大きさ 22cm
ISBN 4320073916
NCID BA47715131
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20092768
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想