立体イリュージョンの数理

杉原厚吉 著

この本は、人間の立体知覚にかかわるイリュージョンを、目の機能をコンピュータに代行させようとするコンピュータビジョンの立場から、数理的に眺めようとしたものである。その基礎にあるのは、光りが直進することと、同一の投影図をもつ立体は無限に多く存在することという、二つの幾何学性質のみである。数理的アプローチを取ることによって、これらの出発点から、多様な知覚現象を統一的に理解できると同時に、新しい状況で起こるであろう知覚現象を予測することもできる。これを利用して、新しいイリュージョンの創作も試みる。立体の知覚・認識に関わる心理的分野に興味を持つ人、建築・彫刻などの立体芸術・美術分野に興味を持つ人、舞台装置などにかかわる人、コンピュータによる立体認識に興味を持つ人、手品の種などのトリックに興味を持つ人など、広い範囲の読者に楽しんでもらえるであろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 遠近法
  • 遠近法と射影幾何学
  • 立体視の三つの原理
  • 遠近法と錯視
  • 視点のマジック
  • 凹凸逆転の術
  • 不可能物体の描き方
  • 不可能物体の作り方
  • 不可能な物理現象の創作
  • 両眼立体視とイリュージョン
  • 運動立体視とイリュージョン
  • 鏡のマジック

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 立体イリュージョンの数理
著作者等 杉原 厚吉
書名ヨミ リッタイ イリュージョン ノ スウリ
書名別名 Rittai iryujon no suri
出版元 共立
刊行年月 2006.2
ページ数 182p 図版4p
大きさ 21cm
ISBN 4320018052
NCID BA75632145
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20990429
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想