ガリレオの迷宮 : 自然は数学の言語で書かれているか?

高橋憲一 著

自然を数学的に解明する際にガリレオは様々な困難に直面した。その研究上の歩みは、迷路の中を彷徨うものであり、ガリレオを長い間捉えていた。これが「第1の迷宮」である。本書はガリレオ運動論の形成過程を歴史的に再構成することで、その迷宮の構造を解明する。また近代科学的な世界理解の基本様式は、現代の我々をも捉えている。その創設者の一人がガリレオであったという意味では、近代科学そのものが「第2の迷宮」となる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ガリレオ運動論の発展段階-分析方法と本書の構成
  • 第2章 迷宮への入口-1604年
  • 第3章 迷宮の手前で-初期の研究(1590年〜1604年)
  • 第4章 迷宮での彷徨1-前期の研究(1604年〜1610年)
  • 第5章 迷宮での彷徨2-中期の研究(1610年〜1625年)
  • 第6章 迷宮からの脱出-1625年頃
  • 第7章 迷宮を後にして-後期の研究(1625年〜1638年)
  • 第8章 残された問い-晩期の研究(1638年〜1642年)
  • 第9章 ガリレオ運動論の方法-その歴史的意義と問題性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ガリレオの迷宮 : 自然は数学の言語で書かれているか?
著作者等 高橋 憲一
書名ヨミ ガリレオ ノ メイキュウ : シゼン ワ スウガク ノ ゲンゴ デ カカレテイルカ
書名別名 Garireo no meikyu
出版元 共立
刊行年月 2006.5
版表示 2刷
ページ数 542p
大きさ 22cm
ISBN 4320005694
NCID BA77026940
BA80752044
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21041909
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想