〈わたし〉はどこにあるのか

マイケル・S.ガザニガ [著] ; 藤井留美 訳

私たちは責任ある動作主だ-とはいえ、誰かが脳のなかにいて、判断を下し、レバーを引いていると感じることがある。いったい"わたし"の統括責任者は誰なのか?それは脳のなかのどこにあるのか?英国スコットランドの伝統ある一般公開講座「ギフォード講義」で語られた内容をもとにまとめられた、認知神経科学の父とも言われるガザニガの集大成。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 私たちのありよう
  • 第2章 脳は並列分散処理
  • 第3章 インタープリター・モジュール
  • 第4章 自由意志という概念を捨てる
  • 第5章 ソーシャルマインド
  • 第6章 私たちが法律だ
  • 第7章 あとがきにかえて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 〈わたし〉はどこにあるのか
著作者等 Gazzaniga, Michael S.
藤井 留美
ガザニガ マイケル・S.
書名ヨミ ワタシ ワ ドコ ニ アル ノカ : ガザニガ ノウカガク コウギ
書名別名 Who's in Charge?

ガザニガ脳科学講義

Watashi wa doko ni aru noka
出版元 紀伊國屋書店
刊行年月 2014.9
ページ数 301p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-314-01121-1
NCID BB16495694
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22468414
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想