精神科医がこころの病になったとき

クリストフ・アンドレ 編 ; 高野優 監訳 ; 伊藤直子, 臼井美子, 坂田雪子, 荷見明子 訳

フランスの精神科医や心理療法士たち21人が、みずからの抱えたうつ病、社交不安障害、閉所恐怖症、パニック障害、虐待のトラウマ、薬物依存、パワーハラスメントなどの精神的な病や悩みを正直に告白。どう対処してきたかを平易な文章で綴っている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 辛い試練を乗りこえて(内気の殻を出てみよう
  • 病気を恐れるということ ほか)
  • 第2部 「受け入れる」は魔法の言葉(心のメッセージをあるがままに受け入れる
  • 自ら実践する認知行動療法 ほか)
  • 第3部 心と心が触れあう時(ありのままの自分をさらけ出す
  • 親こそ最良のセラピスト-親子関係改善のヒント ほか)
  • 第4部 よりよく生きる(自分にとって大切なことを見つける
  • 現状打破の極意 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 精神科医がこころの病になったとき
著作者等 André, Christophe
伊藤 直子
坂田 雪子
臼井 美子
荷見 明子
高野 優
Andr'e Christophe
アンドレ クリストフ
書名ヨミ セイシンカイ ガ ココロ ノ ヤマイ ニ ナッタ トキ
書名別名 SECRETS DE PSYS

Seishinkai ga kokoro no yamai ni natta toki
出版元 紀伊國屋書店
刊行年月 2013.7
ページ数 356p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-314-01107-5
NCID BB12978346
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22280248
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想