拒食症・過食症を対人関係療法で治す

水島広子 著

過食嘔吐はがまんしなくていい、「すぐに」「完璧に」治そうとするから治らない。治療をつうじて人間関係を楽にする-専門医が教える摂食障害の「新しい常識」。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 回復を妨げてきた「常識」
  • 第2章 摂食障害とはどんな病気か
  • 第3章 病気を作る「性格」
  • 第4章 過食のメカニズム
  • 第5章 拒食のメカニズム
  • 第6章 摂食障害の治療に必要な考え方
  • 第7章 家族にできること
  • 第8章 対人関係療法-摂食障害を本質的に治療する
  • 第9章 摂食障害が「治る」ということ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 拒食症・過食症を対人関係療法で治す
著作者等 水島 広子
書名ヨミ キョショクショウ カショクショウ オ タイジン カンケイ リョウホウ デ ナオス
書名別名 Kyoshokusho kashokusho o taijin kankei ryoho de naosu
出版元 紀伊國屋書店
刊行年月 2007.10
ページ数 281p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-314-01033-7
NCID BA83490942
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21319632
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想