南海ホークスがあったころ : 野球ファンとパ・リーグの文化史

永井良和, 橋爪紳也 著

スタジアムという空間、応援という行動-ファンの視点から描く画期的な日本戦後史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 戦前期のプロ野球と都市開発
  • 第2章 都心の故郷-大阪スタヂアム
  • 第3章 栄光の日々-御堂筋パレード
  • 第4章 応援という行動ファンという生き方
  • 第5章 パ・リーグ哀歌
  • 第6章 閑古鳥の巣
  • 第7章 二都物語-その後のホークス

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 南海ホークスがあったころ : 野球ファンとパ・リーグの文化史
著作者等 橋爪 紳也
永井 良和
書名ヨミ ナンカイ ホークス ガ アッタ コロ : ヤキュウ ファン ト パ リーグ ノ ブンカシ
出版元 紀伊國屋書店
刊行年月 2003.7
ページ数 328p
大きさ 19cm
ISBN 4314009470
NCID BA62747202
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20444249
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想