消費社会の神話と構造

ジャン・ボードリヤール 著 ; 今村仁司, 塚原史 訳

本書は、フランス現代思想を代表するボードリヤールの代表作で、現代消費社会を鋭く分析した本として高い評価のある本である。家庭電化製品や衣料、車といった各種の商品は、その使用価値だけで用いられるのではなく、社会的権威や幸福感といった他人との差異を示す「記号」として現われる。ここに消費社会の秘密を解く鍵があるという。さらにこうしたモノ=記号を生産されたモノに限定することなく、社会の森羅万象-ファッションから広告、教養や健康への強迫観念、暴力まで-にあてはめて考察することで、現代社会の様々な神話と構造をえぐり出すことに成功している。評判の高かった同書名訳書の<普及版>。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 モノの形式的儀礼
  • 第2部 消費の理論
  • 第3部 マス・メディア、セックス、余暇
  • 結論 現代の疎外、または悪魔との契約の終り

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 消費社会の神話と構造
著作者等 Baudrillard, Jean
今村 仁司
塚原 史
ボードリヤール ジャン
書名ヨミ ショウヒ シャカイ ノ シンワ ト コウゾウ
書名別名 La société de consommation

Shohi shakai no shinwa to kozo
出版元 紀伊国屋書店
刊行年月 1995.2
版表示 普及版
ページ数 325p
大きさ 19cm
ISBN 4314007001
NCID BN12115694
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95045156
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想