アルトー後期集成  2

アントナン・アルトー [著] ; 宇野邦一, 鈴木創士 監修 ; 管啓次郎, 大原宣久 訳

その思考を凝縮させた奇跡的な後期テクスト群をはじめて集成。生前のアルトーが「本」として構想していた最後の作品にして"残酷の演劇"の極限的な実践でもあった「アルトーのすべての作品のうち、もっとも電撃的であり、彼自身がもっともさらされた作品」=『手先と責苦』を全訳。世界でも稀有の集成、10年めに完結。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 手先と責苦(断片化
  • 書簡
  • 言礫)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アルトー後期集成
著作者等 Artaud, Antonin
佐々木 泰幸
大原 宣久
宇野 邦一
岡本 健
管 啓次郎
荒井 潔
鈴木 創士
アルトー アントナン
書名ヨミ アルトー コウキ シュウセイ
巻冊次 2
出版元 河出書房新社
刊行年月 2016.3
ページ数 468p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-309-70532-3
NCID BA8163877X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22713784
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想