アンチ・オイディプス  上

ジル・ドゥルーズ, フェリックス・ガタリ 著 ; 宇野邦一 訳

マグマのような苛烈な文体によって、唯物論哲学を大胆に書き変えた名著の新訳。精神分析批判から資本主義と国家への根底的な批判へ向かい、そのための「分裂分析」をうち立てた革命的な思考はいまこそ「再発見」されなければならない。欲望機械/器官なき身体とともに、最も危険でカオティックな思考の実験がはじまる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 欲望機械(欲望的生産
  • 器官なき身体
  • 主体と享受 ほか)
  • 第2章 精神分析と家族主義すなわち神聖家族(オイディプス帝国主義
  • フロイトの三つのテクスト
  • 生産の接続的総合 ほか)
  • 第3章 未開人、野蛮人、文明人(登記する社会体
  • 原始大地機械
  • オイディプス問題 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アンチ・オイディプス
著作者等 Deleuze, Gilles
Guattari, Félix
宇野 邦一
Guattari F'elix
ガタリ フェリックス
ドゥルーズ ジル
書名ヨミ アンチ オイディプス : シホン シュギ ト ブンレツショウ
書名別名 L'anti-OEdipe

資本主義と分裂症
シリーズ名 河出文庫
巻冊次
出版元 河出書房新社
刊行年月 2006.10
ページ数 409p
大きさ 15cm
ISBN 4309462804
NCID BA78845062
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21115964
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想