ジャンキー

W.バロウズ 著 ; 鮎川信夫 訳

『裸のランチ』によって驚異的な反響を巻き起こしたバロウズの最初の小説。ジャンキー-つまり、回復不能の麻薬常用者とは、バロウズ自身の十五年にもわたる自伝的告白に他ならない。「なぜ麻薬常用者になるのか?」-麻薬は快楽の刺激剤ではない、麻薬は生き方なのだ-ギンズバーグの序文といくつかの削除部分を加えた完全版。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ジャンキー
著作者等 Burroughs, William S
鮎川 信夫
バロウズ ウィリアム
書名ヨミ ジャンキー
書名別名 Junky
シリーズ名 河出文庫
出版元 河出書房新社
刊行年月 2003.12
ページ数 292p
大きさ 15cm
ISBN 4309462405
NCID BA6483904X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20521466
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想