見えない都市

I.カルヴィーノ 著 ; 米川良夫 訳

現代イタリア文学を代表し、今も世界的に注目され続けるカルヴィーノの名作。ヴェネツィア生まれの商人の子マルコ・ポーロがフビライ汗の寵臣となって、さまざまな空想都市の奇妙で不思議な報告を行なう。七十の丸屋根が輝くおとぎ話の世界そのままの都や、オアシスの都市、現代の巨大都市を思わせる連続都市、無形都市など、どこにもない国を描く幻想小説。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 見えない都市
著作者等 Calvino, Italo
米川 良夫
カルヴィーノ イタロ
書名ヨミ ミエナイ トシ
書名別名 マルコ・ポーロの見えない都市

Le citta invisibili

Mienai toshi
シリーズ名 河出文庫
出版元 河出書房新社
刊行年月 2003.7
ページ数 240p
大きさ 15cm
ISBN 4309462294
NCID BA62722529
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20428878
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 イタリア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想