東京の空の下オムレツのにおいは流れる

石井好子 著

あるときはスペインの浜辺でパエリャに舌鼓をうち、またあるときはカポーティのベイクドポテトに想いを馳せ、なべ料理に亡き夫を思い出す-食べることの歓びがあふれる素敵な一冊。『巴里の空の下オムレツのにおいは流れる』姉妹編。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ロールキャベツは世界の愛唱歌
  • 父とアラン・ドロンとスープ
  • みどりの島タヒチ
  • 春はふわふわ玉子のスフレから
  • クレープでブランチを
  • 父とニューオルリンズと
  • ナスのキャビアとムサカ
  • 夫の味とわたしの味
  • 東京の空の下オムレツのにおいは流れる
  • 浜辺のパエリャ・バレンシアーナ〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東京の空の下オムレツのにおいは流れる
著作者等 石井 好子
書名ヨミ トウキョウ ノ ソラ ノ シタ オムレツ ノ ニオイ ワ ナガレル
シリーズ名 河出文庫 い24-2
出版元 河出書房新社
刊行年月 2011.8
ページ数 284p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-309-41099-9
NCID BB06696215
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21970119
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想