道元

和辻哲郎 著

この文章によって、道元は自ら開いた曹洞宗の宗門を超え、日本思想の根幹をなす哲学者となった、記念碑的な文献である。坐禅の最重要性を説く『正法眼蔵』を正面から掘り下げ、日本人の精神生活の基底をなす仏教の普遍性を考察する。和辻倫理学の集大成『日本精神史研究』の核心部を大きな活字で独立させる入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 序言
  • 2 道元の修行時代
  • 3 説法開始
  • 4 修行の方法と目的
  • 5 親鸞の慈悲と道元の慈悲
  • 6 道徳への関心
  • 7 社会問題との関係
  • 8 芸術への非難
  • 9 道元の「真理」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 道元
著作者等 和辻 哲郎
書名ヨミ ドウゲン
書名別名 Dogen
シリーズ名 河出文庫 わ3-1
出版元 河出書房新社
刊行年月 2011.5
ページ数 191p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-309-41080-7
NCID BB05662670
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21938133
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想