地図の想像力

若林幹夫 著

私たちはいかにして、実際には見たことのない世界の全体をイメージすることができるのか。地図という表現の構造と歴史、そこに介在する想像力のあり様に寄り添いつつ、人間が社会を生きることのリアリティに迫る。「国家」「資本」「近代性」といった普遍的な問題を考える上でも示唆に富む、社会学的思考のレッスン。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 帝国の地図-社会が地図を模倣する?
  • 第1章 地図が社会を可視化する
  • 第2章 世界の拡張
  • 第3章 近代的世界の「発見」
  • 第4章 国土の制作と国民の創生
  • 終章 地図としての社会 地図を超える社会
  • 補章 織物とデータベース-地図の成り立ちと社会の行方

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地図の想像力
著作者等 若林 幹夫
書名ヨミ チズ ノ ソウゾウリョク
シリーズ名 河出文庫 わ2-1
出版元 河出書房新社
刊行年月 2009.2
版表示 増補版
ページ数 337p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-309-40945-0
NCID BA89474020
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21548072
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想