幻想の画廊から

澁澤龍彦 著

「幻想的な美術や芸術作品に惹かれる」生来の資質から渉猟しはじめられた膨大な「ヨーロッパの幻想画家の画集」や「悪魔学や錬金術やエロティシズムに関するテキストならびに研究書」のエッセンスを自由自在に組み合せ、渋沢龍彦自身の強い"好み"から見事に統一を与えられた伝説の美術論集。「マニエリスムからシュルレアリスムへ」という革命は本書から始まった。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 空間恐怖と魔術-スワンベルクとブロオネル
  • 女の王国-デルヴォーとベルメエル
  • イメージの解剖学-ふたたびベルメエル
  • 卵・仮面・スフィンクス-レオノール・フィニーの世界
  • 夢みる少女-バルテュスの場合
  • 混沌から生成へ-タンギーの世界
  • マグリットの冷たい夢-終末の青空
  • 神の香具師ゾンネンシュターン-月の精の画家
  • サルバドール・ダリの両極性-堅いものと軟らかいもの
  • 光り輝くルネサンスの幻影-ダリ展を見て
  • 『百頭の女』と『スナーク狩り』-マックス・エルンスト
  • ピカビアと機械崇拝-あるダダイスト
  • 存在し得ない空間-M・C・エッシャー
  • ボマルツォの「聖なる森」
  • 崩壊の画家モンス・デシデリオ
  • だまし絵・ひずみ絵-ホルバインその他
  • メタモルフォシス-アルチンボンドを中心に
  • 一角獣と貴婦人の物語
  • 北欧の詩と夢-ベックリンとクリンガー
  • 密封された神話の宇宙-ギュスターヴ・モロオ展を見て
  • 幻想の城-ルドヴィヒ2世と郵便屋シュヴァル
  • 人形愛-あるいはデカルト・コンプレックス
  • 玩具考-古き魔術の理想
  • 仮面のファンタジア

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 幻想の画廊から
著作者等 渋沢 竜彦
書名ヨミ ゲンソウ ノ ガロウ カラ
シリーズ名 河出文庫
出版元 河出書房新社
刊行年月 2001.12
ページ数 234p
大きさ 15cm
ISBN 4309406459
NCID BA54823688
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20228348
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想