城 : 夢想と現実のモニュメント

澁澤龍彦 著

「おそらく城とは、何よりもまず、専制君主の夢想のための場所なのだ」-自らカステロフィリア(城砦愛好)を認ずる渋沢龍彦の珠玉のエッセイ集。そこでは、ばさら的創造力で安土城を築き上げた織田信長が"戴冠せるアナーキスト"ヘリオガバルスに重ね合され、サド侯爵の秘められた"サディズムの実験室"がラコストにひろがる廃墟のなかに幻視される。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 会津城
  • 千代田城
  • 多宝塔
  • ストゥーパ
  • ラマ塔
  • 天壇の祈年殿
  • サン・タンジェロ城
  • 隅櫓
  • 望楼
  • 女牆〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 城 : 夢想と現実のモニュメント
著作者等 渋沢 竜彦
書名ヨミ シロ : ムソウ ト ゲンジツ ノ モニュメント
書名別名 Shiro
シリーズ名 河出文庫
出版元 河出書房新社
刊行年月 2001.10
ページ数 189p
大きさ 15cm
ISBN 4309406424
NCID BA54000380
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20212696
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想