ドラコニア綺譚集

渋沢竜彦 著

「ドラコニア」とは龍の王国、すなわち「渋沢龍彦ランド」のことである。この知の領土において、著者は極楽鳥や仮面、童子といった偏愛するテーマをとりあげながら、筆のおもむくまま、自在のスタイルで、興趣つきないエピソードをつむぎ出す。一編ごとにエッセイ風、幻想譚風とおもむきを変え、きらびやかなペダントリーをふりまきながら、軽やかな精神の運動が展開する円熟のエッセイ集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 極楽鳥について
  • 鏡と影について
  • 飛ぶ頭について
  • かぼちゃについて
  • 文字食う虫について
  • スペインの絵について
  • ラテン詩人と蜜蜂について
  • 箱の中の虫について
  • 桃鳩図について
  • 仮面について
  • 童子について
  • 巨像について

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ドラコニア綺譚集
著作者等 渋沢 竜彦
書名ヨミ ドラコニア キダンシュウ
書名別名 Dorakonia kidanshu
シリーズ名 河出文庫
出版元 河出書房新社
刊行年月 1989.6
ページ数 273p
大きさ 15cm
ISBN 4309402429
NCID BN09061961
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89050625
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想