モンテッソーリ教育を受けた子どもたち

相良敦子 著

自己流の受験勉強で希望校に合格、海外で夢を実現…など、夢を叶える子どもたち。幼児期のモンテッソーリ教育のどの経験が脳に効いたのか。1000人のデータからその後の成果を検証し、考察したユニークな一冊!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 モンテッソーリ教育を受けた子どもたちの例をみましょう。(モンテッソーリ教育を受けた子どもたちには、共通した特徴があります。
  • どんな共通項があるか、それぞれの声)
  • 第2章 「生涯にわたる人格形成の基礎」って何ですか?(「どうしたら、そんな子が育つのですか?」と訊かれる母親たち
  • 「卒業までに正常化する」ことを願い努力する先生たち
  • 正常化への道
  • 今も、「正常化への道」を歩んだあの生き方です。
  • 自立と自律が土台にあるから大きく羽ばたける!)
  • 第3章 モンテッソーリ教育のどの経験が脳に効いたのですか?(「前頭連合野の働き」に合致したのです。
  • 「提示」という教え方が脳に効いたようです
  • 「活動のサイクル」を経るとき、脳の中で変化が起こります。)
  • 第4章 誰もが取り入れられるモンテッソーリ教育のエッセンス(「共通性」と「個性」は、コインの裏表のようです。
  • 「人をほめる」という共通性と「自分らしく生きる」という個性があります。
  • モンテッソーリ教育の子どもの見方・たすけ方)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 モンテッソーリ教育を受けた子どもたち
著作者等 相良 敦子
書名ヨミ モンテッソーリ キョウイク オ ウケタ コドモタチ : ヨウジ ノ ケイケン ト ノウ
書名別名 幼児の経験と脳
出版元 河出書房新社
刊行年月 2016.9
版表示 増補新版
ページ数 214p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-309-24774-8
NCID BB22094417
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22797924
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想