自動車を変えた言葉

徳大寺有恒 著 ; 沼田亨 編

「自動車ってのは所有も維持も使用も自由だからこそ魅力的な商品なんだ」…巨大な自動車の世界に影響を与え続けた、これほど強靱な言葉たちが他にあっただろうか!?

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 自動車評論の構え-私は自動車評論家である以前に、自動車愛好家である。
  • 第2章 欧米車の先進と愉悦-ベントリィに乗っていると「憧憬」と「諦観」とが複雑に交錯する。
  • 第3章 愛しき日本のクルマ-トヨタは「自家用車ユーザー」を予見し、クラウンをつくったのである。
  • 第4章 クルマを変えた、間違いだらけのクルマ選び-クルマを作るのは技術ではない。思想なのだ。
  • 第5章 クルマと女性と友情と…-クルマの運転がうまいなどというのも、教養の最たるものだろう。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自動車を変えた言葉
著作者等 徳大寺 有恒
沼田 亨
書名ヨミ ジドウシャ オ カエタ コトバ : クルマ ト トモ ニ シッソウ スル トクダイジ アリツネ ハンセイ ノ キロク
書名別名 クルマとともに疾走する徳大寺有恒半生の記録
出版元 河出書房新社
刊行年月 2014.6
ページ数 220p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-309-24663-5
NCID BB1619290X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22436247
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想