1964年の東京オリンピック : 「世紀の祭典」はいかに書かれ、語られたか

石井正己 編

名文の数々でいま甦る-あの祭典とは何だったのか?座談会・大宅壮一×司馬遼太郎×三島由紀夫。対談・市川崑×沢木耕太郎。ポスター・亀倉雄策。短編・星新一。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 開会式(東洋と西洋を結ぶ火(三島由紀夫)
  • 開会式に思う(石川達三) ほか)
  • オリンピックまで(ローマから東京へ(井上靖)
  • 江分利満氏のオリンピック論(山口瞳) ほか)
  • 2 観戦記(ボクシング-競技初日の風景(三島由紀夫)
  • 重量あげ-天にらむ一瞬(柴田錬三郎) ほか)
  • オリンピックのさなか(男子選手村の風景(阿川弘之)
  • 禁男の園・女子選手村(曾野綾子) ほか)
  • 3 閉会式(「別れもたのし」の祭典(三島由紀夫)
  • 聖火消えず移りゆくのみ(石原慎太郎) ほか)
  • 祭りのあと(祭のあと(遠藤周作)
  • 一人の不正直な銀行家(小田実) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 1964年の東京オリンピック : 「世紀の祭典」はいかに書かれ、語られたか
著作者等 石井 正己
書名ヨミ センキュウヒャクロクジュウヨネン ノ トウキョウ オリンピック : セイキ ノ サイテン ワ イカニ カカレ カタラレタカ
出版元 河出書房新社
刊行年月 2014.1
ページ数 213p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-309-02253-6
NCID BB14775204
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22361094
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
"はやる馬"に敗れた"武者人形" 瀬戸内晴美
17分間の長い旅 三島由紀夫
「別れもたのし」の祭典 三島由紀夫
あざやかな攻撃ぶり 阿川弘之
あすへの祈念 杉本苑子
お祭りの教訓は現実生活では役にたたない 大江健三郎
やってみてよかった 菊村到
わしがよんだわけじゃない 小田実
アイモかついで 安岡章太郎
オリンピックのテレビ 小林 秀雄
オリンピック二〇六四 星 新一
オリンピック逃避行 中野好夫
テレビのなかの苦しむ顔 大江健三郎
パラリンピック 渡辺華子
ローマから東京へ 井上靖
一人の不正直な銀行家 小田実
七万三千人の《子供の時間》 大江健三郎
不動の美しさ 安岡章太郎
体操鑑賞記 曽野綾子, 曾野綾子
作家たちの東京オリンピック 石井 正己
危ない英語 丸谷才一
国家意識と人間 平林たい子
大阪からみたオリンピック 会田雄次
天にらむ一瞬 柴田錬三郎
孤独な娘たち 曽野綾子, 曾野綾子
完全性への夢 三島由紀夫
憂鬱な二週間 松本清張
敗者復活五輪大会 三島由紀夫, 司馬遼太郎, 大宅壮一
日の丸のオリンピック 亀倉雄策
日本人の国際感覚 武田泰淳
明るく朗らかな運動会 中野好夫
映画とオリンピック 市川崑, 沢木耕太郎
東京オリンピックの時代 石井 正己
東京オリンピックポスター制作ノォト 亀倉雄策
東京五輪の"大いなる遺産" 曽野綾子, 曾野綾子
東洋と西洋を結ぶ火 三島由紀夫
江分利満氏のオリンピック論 山口瞳
男女同じ条件で 石井好子
男子選手村の風景 阿川弘之
祭のあと 遠藤周作
禁男の園・女子選手村 曽野綾子, 曾野綾子
競技初日の風景 三島由紀夫
耐えぬく栄光 岡本太郎
聖火消えず移りゆくのみ 石原慎太郎
血族共同体への回帰とその反逆 松永伍一
解放と別離の陶酔 松本清張
超世の慶事でござる 開高 健
開会式に思う 石川達三
魔女は勝った 有吉佐和子
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想