メディアとしてのコンクリート

エイドリアン・フォーティー 著 ; 坂牛卓, 邉見浩久, 呉鴻逸, 天内大樹 訳

近代にはじまったコンクリートの意匠と文化の真価を、精選された写真とともに読み解く快楽。自然の材料か、歴史性を持ちうるか、芸術の対象たりうるか。「建築と素材」というテーマに新たな思考を切り開く歴史観。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 土と近代性
  • 第2章 自然または不自然
  • 第3章 歴史のない素材
  • 第4章 コンクリートの地政学
  • 第5章 政治
  • 第6章 天と地と
  • 第7章 記憶か忘却か
  • 第8章 コンクリートと労働
  • 第9章 コンクリートと写真
  • 第10章 コンクリートの復興

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 メディアとしてのコンクリート
著作者等 Forty, Adrian
呉 鴻逸
坂牛 卓
天内 大樹
邉見 浩久
フォーティー エイドリアン
書名ヨミ メディア ト シテ ノ コンクリート : ツチ セイジ キオク ロウドウ シャシン
書名別名 CONCRETE AND CULTURE

土・政治・記憶・労働・写真

Media to shite no konkurito
出版元 鹿島出版会
刊行年月 2016.4
ページ数 391,18p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-306-04636-8
NCID BB21045584
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22748234
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想